topimage

2017-11

雑誌の休刊ラッシュ - 2010.05.10 Mon

ネットやケータイの普及で活字離れが進み 出版業界は 大不況で
何年も前から「冬の時代」と言われています。

私の友人もそんな業界に携わってる方も多く・・・色々心配なのですが
この不景気続きじゃ どうしょうもない。(悲

他の業界だって売れる物も売れないのは一緒で どこも大変なのは一緒ですね・・
(我家にも 間違いなく不況の波は押し寄せているし!)

日本から離れ そろそろ7年経つのですが こちらの本は殆ど読まない私。
(コレだから英語も上達しませんよね。)

ネットも物凄く便利なんだけど、私はやっぱり「本(雑誌も含)」が好き。

そんな中、雑誌の休刊が凄い勢いで続いていますね。

私的には、最近でいうと 4月号をもって二玄社のNAVI休刊
コレ、ちょっとショックでした。

「NAVI」とは 車好きの人なら、多分知らない人がない、というような
月刊自動車雑誌

車好きだったので・・
乗り換えに際して 常に参考にしてきたのが 私にとってコノ雑誌でした。

「NAVI」が面白かったのは、世の中一般と別の物差しで車社会を捉えていた点。
「ちょっと壊れてもいいじゃないか、乗ってて愉しければ

そんな思いが伝わる雑誌でした。
(私も同感ですが、アメリカでは車は足なのでそうも言ってられないのですが。)

一口に車好きって言ってもカテゴリーが色々あって
走り屋、改造大好き、レーサー系・・そんな方が読む本でもない感じ。


そして・・そして・・もっともっとショックだったのは

スイングジャーナル社発行の音楽専門誌、月刊ADLIB が、
4月発売の5月号を以て休刊されることになった事!!

・・・ついに危惧してたことが現実となりました。。

で・・
情報を聞きつけてすぐに買いましたよ、Amazonで。(まだ手元に無いんだけど)

ADLIB2.jpg


ADLIBは・・

ジャズ、フュージョンを中心にAORやソウル、ニューエイジなど
「大人が聴く音楽」を扱うことで知られる音楽雑誌。


おそらく私の人生の中で、1番長く継続して読んでいた雑誌。

ファッション雑誌は年齢と共に選ぶ雑誌が変わってきちゃうけど、
聞く音楽のジャンルって 私の場合20歳の頃から殆ど一緒。

そして、私の今の音楽嗜好はアドリブによって導かれたといっても過言ではないかも?!
そんな バイブル的雑誌でした。

ADLIBを読みながら レコードを聴く時間は私にとって至福の時でしたよ~

この雑誌によって、アーティストや作品を選定して多くのレコード(CD)を購入したし
今まで聞いたことのなかった分野の作品も聞き、幅も広がりましたね。

「このライターさんがこう書いてるアーティストの曲なら間違いないから
 聴いてみよう」

とかね。

海外に越してからは、すぐに手に入らないので年に数回しか読めませんでしたけど
最近の不況で、こんな日が来るのを密かに恐れてはいましたが、
今は本当に寂しい気持ちで一杯です。


しかーし、これから紙媒体はどうなってしまうのでしょうか?

つい最近、アップルストアで ipod を見て(触って)来ました。

ipod2.jpg

私はどうも 液晶画面に「指紋がべたべたつく」のがイヤで
(携帯電話の液晶に ファンデーションが付くのはもっとイヤ)
タッチパネルってどうなのよ?って 思っていたけれど、
私の隣で、5歳位の少女が、ipodの画面を指で自由に動かしてる姿を見たら

そんな次元じゃないかも? もはや時代の流れに逆らえないのか?
と、思わざるをえませんでした。


けど・・
個人的には
iPad、色々な使い道があるのでしょうが…電子書籍だけはアウト!

個人的意見ですけどね。
本は紙で読むものです。
私は本がスキなので 今はまだ 拒絶しちゃいます!!


.............な・ん・て 話しは少し脱線してしまいましたが。。


今回の休刊も、時代の流れの象徴かもしれませんけど、

「本だけぢゃなく・・良いものは残り続けてほしい。
 それがたとえ時代と逆行してても」

って思っちゃうんですよ.............。


最後までお読み頂き有難うございます!
応援して↓いただけると更に嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●

なんと!

なんと、NAVIが、、、
女性誌が大量においてある美容室や歯医者さんの待合室で、たまにぽつんと置かれていた
NAVIやCGといった車雑誌は僕がひそかに楽しみにしていた雑誌のひとつでした。NAVIは、意外と対談とか(なぜかドン小西とか出ていませんでしたっけ)が面白かったりして。

草食系男子の時代、若者が車にまったく魅力を感じていないそうなので、出版不況の中、車雑誌はなかなか厳しかったのかもしれませんね。

結構ショックです。

ゲーム、パソコン、インターネット、ケータイが普及し始めた頃から、クルマ離れは始まっていたと思います。クルマ信者が多いのは現在40代以上の世代でしょう。30代以下はパソコン・ネット世代なので、キーボードやケータイのボタンをカチカチやるほうが好きなのでしょう。体を動かすよりも脳を動かすほうが好きな世代ですね。これからは、デジタルから農業などへ目を向ける若者が増えるかも知れませんが…。

逆行

してる場合では無いのかも。。。と
職場にいると感じます。

一時期、音楽もアルバムという考えが減って
マキシアルバム?が流行った時期が有りましたが、
またアルバムの良さが再認識されて来てるようにも思います。

本の良さも絶対だと思います。
でも、ずっとそんなに長くあった雑誌が休刊とは残念ですね
ちょっと充電して、より一層POWERを増して戻ってきてくれることを
待ちましょう。。。私の好きなグループのように!(^ ー)★

車と本

ここのところ車離れ、本離れ、音楽離れと何かと何とか離れが話題になっておりますが、良いものがかなり減ってきたのも原因のひとつではないでしょうかね~。
それでなくても不況の中、貴重なお金(笑)を出しても欲しい!という魅力的なものがあまり無いような気がいたします(-_-;)
昔はモノ作りにお金と時間がかけられたからでしょうかね・・・
いずれにしても時代の流れなんでしょうが、やはり寂しいですね^^;

コメント有難うございます!

☆たくさん
コメント有難うございます^^

ドン小西さんのように、NAVIに出てくる芸能人は
みーんな車好きですよね。
「あ、この人こんなん乗ってるんだ?」なんて
記事を読んでよく思ったものです。

草食男子ですね・・・
「車とか興味がない」分かるような気がしますねー。
他にも色んな事に興味が薄いのかもしれませんけど、
そういう「面白くない男」が増えると 女性が今以上に
強くなるでしょうね。。


☆ぽんぽんさん
初コメント有難うございます!

>体を動かすよりも脳を動かすほうが好きな世代ですね

今の子供は、身体能力が低いとの事ですが、
都会に住んでると子供の頃から外で元気に遊ぶ!事が困難な
環境下の中で生活だと自然の流れかもしれませんね。

バランス良く生きていく事は、これからもっと難しく
なりそうですね。


☆rieさん
コメント有難う!

本は、休刊→廃刊 と、殆ど同じ意味で、
休刊になった雑誌が復活って事は、殆ど無いのだよ。(悲

E・クラプトンのように、
「お前は何度引退(最後の)コンサートしてるんだよ!」
って フライングしてくれると嬉しいんだけど、
稼げなきゃフライングも無いよね。(苦笑



☆masayannさん
コメント有難う♪

確かに、良いものも以前より少なくなってきた!
不況の中、どうしてもほしいって思える物、無いよねぇ。

私の中では・・自分自身の情熱も少なく(薄く)なってきた
からかな?って思うこともあるんだけど。(これは悲しい)

いや、10億位持ってたら買いまくりたい物はあるぞ!
やっぱりお金か?(笑





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sfomango.blog29.fc2.com/tb.php/33-80a3c96e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

台湾式鍋を食べた! «  | BLOG TOP |  » Sunnyvale de ランチ

プロフィール

Mango

Author:Mango
結婚を機にハワイ生活14年。
SFベイエリアに在住経験もあり。

GOLFと音楽と食べ歩きと東京
そして ハワイも大好き☆
どうぞ 宜しくお願いします。。

Mangoへのお問い合わせご質問
などお気軽にこちらへ~

hnlmangoo@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Daiary (110)
ハワイ情報 (139)
Golf (104)
Sports (14)
Restaurant (105)
B級グルメ (98)
Mangoのお気に入り (2)
Music (30)
Movie (14)
Beauty & Nail (24)
おうちごはん (20)
お酒 (9)
Shopping (42)
ネイバーアイランド (20)
アメリカのスーパー (21)
JAPAN 2013 (5)
JAPAN2014 (1)
JAPAN 2011 (10)
JAPAN 2010 (23)
(SF) Daiary (12)
(SF) Restaurant (13)
San franciscoの風景 (3)
(SF) Shopping (5)
未分類 (3)

最新コメント

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

flower-digiclock

decoboko.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

RSSリンクの表示