topimage

2017-08

伝説のロックバンド☆QUEEN - 2011.05.19 Thu

伝説のロックバンド QUEEN

お若い方には殆どなじみが無いかと思いますが
彼らの曲で有名な曲は沢山ありますので・・ご存じの方もいらっしゃいますよね?

QUEENとは・・?

queen-1.jpg

・フレディ・マーキュリー|Freddie Mercury vo,key
・ブライアン・メイ|Brian May g,vo
・ロジャー・テイラー|Roger Taylor ds,per,vo
・ジョン・ディーコン|John Deacon b

この4名で構成されていた1973年デビューのイギリスのロックバンドでございます。


それは忘れもしない中学3年生の時。
私が初めて いわゆる芸能人のファンクラブに入ったのがまさにQUEEN!
そして 初めて聴きに行った外タレのロックバンドのライブも日本武道館でQUEEN!

ファンクラブに入っていたくらいスキだったんですもん~
今日は・・私の音楽史を語るのに外す事が出来ないクイーンのお話しを

中学時代はロック、ハードロック、プログレ・・・とにかくカセットが
擦り切れるくらい 毎日聴きていました。
朝起きてラジカセをオンして Whole Lotta Love(ツェッペリン)みたいな?
学校から帰ってきて Highway Star!(ディープパープル)
で、たまにユーミンって感じ。(ナンかヘンですか?)

LED ZEPPELIN、VAN HALEN、JIMI HENDRIX、RAINBOW、STYX、DEEP PERPLE、
JUDAS PRIEST、AEROSMITH、YES、JOURNEY、CREAM、・・・そして QUEEN!

ブリティシュロックもアメリカンロックも何もかもごっちゃになっちゃってますが
この頃はブリティッシュロックの方がスキだったな。
まさに 気に入った音はとにかく聞きまくってたそんな時代でした。


でね、その中でもなぜQUEEN(しかもファンクラブ加入)だったかと申しますと・・
まだ中学生でしたが女子ですからね~「カッコイイ系」も好きなわけです。

そんな私の心をわしずかみ!にして離さなかった人こそが、
QUEENのドラマー  ROGER TAYLER だったのです
(デュランデュランのロジャーテイラーではありませんのよ。)

その時代と言えば(物凄く昔の話で 気が遠くなりそうなんですが)
世良正則、シミケン(清水健太郎)、ずうとるび(ビートルズぢゃ無いですよ!)
それからベイシティローラーズとか?がスキって友達もいました。

たのきんトリオ(マッチ、トシちゃん、野村のよっちゃん)のほぉんの少し前な
そんな感じでしょうか。

今で言うところの「嵐」の「大野君」がスキ!とか、「山ピー」がスキ!みたいな。
私の中学3年生になる姪は韓流スターのファンクラブに入っていますが、
時代背景もあるけれどあまりに違いすぎますね~

時代が変われど私もそんなノリでスキだったワケなんですけれどもね。
ソコに音楽がプラスαされるわけです。


DSCF2904-147.jpg

もう~コレ↑と同じ写真
(ミュージックライフという雑誌から切り抜いたのを今でも覚えてます)
を下敷きに入れて、見てはうっとり

(昔はアクリルのケースにプロマイドを入れ、下敷きとして使ったものですが
今の若者はそんなコトしないのでしょうか?)


roger01.jpg


そんな話もン十年前の話になるわけですがQUEENの中にあってもその美貌はピカイチ。
かわいらしいんんだけどそのくせパワフルなドラミング、ワイルドなハスキーボイス
メンバーきってのロックンローラーというアンバランスさにやられちゃいました~
まだ子供でしたが。笑

どうしたら彼に会えるんだろう・・・イギリスかぁ~遠いいなぁ。
なんてコトを毎日本気で考えてたくらい大好きでしたねぇ 

そんな要素もあってロジャーのみならず大好きなQUEENだったワケですが、
パフォーマンスにおいても彼らは独創的であの例のフレディのタイツ姿や、
ブライアンの100年近く暖炉に使われていた材料で2年間かけて自作したシンセ・ギター
の奏でる100通り以上の音のマジックや、ロジャーのヴォーカルなど
まったく飽きさせず、誰が抜けてもQUEENは成り立たないそんなバンドでした。


そんなクイーンもデビュー当時はハデな衣装やメイクでアイドルバンドとして
扱われ、私がクイーンを知った頃はすでにかなりの酷評をあびていましたが
それにしても、70年代半ば日本でもベイシティーローラーズと並ぶ二大アイドルって
ローラーズは分かるけど、QUEENがアイドル?

中には「レッドツェッペリン」と比較して「大人と子供くらい違う」と評する方も
いましたが、私はツェッペリンも大好きですがツェッペリンと比較する時点で論外です。

また当時はキッス、エアロスミスと並ぶ三大ハードロックバンドと雑誌で
読んだ事もありましたが、これも私には全然理解できませんでした。


フレディーのパフォーマンスゆえか・・当時の音楽雑誌、クイーンを大プッシュ
していた「ミュージックライフ」以外では酷評多かったデス。

確かに・・・
フレディのルックスはちょっと・・・・・でしたケドね。
唄もルックスもここまでの個性を持ち備えてるミュージシャンは
いつの時代でもなかなかいないでしょう。

DSCF2904-145.jpg

バンドの中心であるフレディマーキュリーのAIDS報道を 写真週刊誌FRIDAYで
知ったのですが、その一週間後にTVで亡くなったと聞いた時の衝撃は
今でも忘れられません。


そして!
QUEENはなんと本国イギリスではなく
日本から人気の火がついたバンドだったんですねー。
なので大の親日家としも知られています。


そう言えば日本人は深みのある味覚を好みますが、そういう考えると、
クイーンが日本人に受けたのも妙に納得。音楽の録音も料理と似た所があると思う
のですが、彼らのサウンドの最大の特徴はオーバーダビング(多重録音)にあります。

とにかく音を沢山重ねていて、クイーンのアルバムのレコ評などでは大抵
「重厚なコーラスワークと、緻密なバンドサウンド・・・」的に書かれてます。
とにかくその凝った音作りは際立っていて、初期の作品には「No Synthesisers」
のクレジットがされていたほど。


ボーカルのフレディがゲイであったなど、そんな話題ばかりが取り上げられがちですが
強烈なオリジナリティを持った、まさに「他はにない」という意味でも
素晴らしいバンドであったと思います。
ロックと言えどクラシックやオペラのの要素もたっぷり入ったクイーンのサウンドは
音楽→ピアノから入っている私にとってすんなり入ってきたのかもしれません。

最高傑作アルバムは、名曲「ボヘミアンラブソディ」が収録されている
A NIGHT AT THE OPERA(オペラ座の夜)かな~けど、
3枚目の SHEER HEART ATTACK(シアー・ハート・アタック)もスキ

DSCF1288-1.jpg


5枚目のアルバム、A DAY AT THE RACES(華麗なるレース)に収録されている
「Let Us Cling Together」(手を取りあって)では
日本語の歌詞でその親日家ぶりを披露。

なんと、この曲は東日本大震災の被災者の方々への支援を目的に
レコード会社の枠を超え世界のトップ・アーティストが集結した
「SONGS FOR JAPAN」というアルバムにも収録されています!

手を取り合ってこのままいこう 愛する人よ
静かな宵に光をともし いとしき教えを抱き


そんな歌詞なんですけど日本語で歌っています。。


ちなみに大好きだったロジャーテイラー。
太りやすい体質なのか後半はドラマーにふさわしい体型になり、
今ではいいおじいちゃん風になってしまいました。

roger-taypor-zeppelin-01.jpg

今でもQUEENは大好き
フレディーはいなくなってしまったけれど、彼の歌声そしてクイーンのサウンド、
ロジャーテイラーに胸を熱くした時間を これからも決して忘れることはありません


最後まで有難うございました♪
応援して戴けるととっても嬉しいデス!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●

お若くないので・・・

ここまで『QUEEN大好き!』と、豪語されると大変気持ち良く、
「アッパレ!」と言わずにはいられません。

どこか「POLICE好き!」は許されて、「QUEEN好き!」だと、
ふーんと軽く流されてしまうような、空気があるじゃないですか?(ないですか?)
なので、余計に。

かく言う私もQUEENファンでして、
かなりPOPS寄りなので『QUEEN大好き!』な方からすれば、邪道かもしれませんが、
中学の頃流行った“Radio Ga Ga”が、特に大好きでした。

それにしても、QUEENの説明がわかりやすく、かつ、とても面白くて、
大爆笑させて頂きました♪

私も好きです♪

ポジティブになりたいときはいつも車の中でQUEENかけます。
大声で歌うと気持ちが晴れたりします。
9歳の娘も一緒になって We Wii~♪なんて歌うぐらい。
彼女が聞く曲はすべて親の趣味なので、正直60年代、70年代のものなんて大人になったときにはなんて言われるのでしょうか(笑)

名曲は何年たってもいいですよね~。

あの、ブログからサイトへのリンク貼らせていただきますのでよろしくお願いします。

paradisさん

コメント有難うございます!

paradeisさんもQUEENズキでいらっしゃるのですね!(嬉)

当時は「QUEENがスキ」っていうだけで「ふーん」って
軽く流されましたね。笑

分からないでもないですが、音楽のスタイルが全然違うんです
けどね。。

「おそば」と「うどん」は比べられても
「トマト」と「チョコレート」は比べられない・・

そんな感じで。。
他にはないバンドでした。

「Radio Ga Ga」はPVがとても印象的なのですが
なんとこの曲を書いたのはロジャーテイラーなのですよ!

noki-mamaさん

コメント有難うございます!

確かに・・・
ご両親の聞いてる音楽って、子供さんに影響アリですよね。
私は子供を持っておりませんが、弟家族を観ていると
そう感じます。
弟の趣味が、そのまんま姪や甥に行ってます。笑

noki-mamaさんもQUEENの曲を熱唱されるのですね!
嬉しいなぁ。
私も歌っちゃいますよ~
つい、口にずさんちゃうんですよね。。

昔、部屋で「ボヘミアンラブソディ」を熱唱してたら
ふと気が付くと母が後ろに立っていて・・・
死にたくなったのを覚えています。(恥)


(リンクの件、了解いたしました~有難うございます)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sfomango.blog29.fc2.com/tb.php/243-9193a31e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

EWA BEACH GC de ゴルフ対決! «  | BLOG TOP |  » 最後のマカハウエスト

プロフィール

Mango

Author:Mango
結婚を機にハワイ生活14年。
SFベイエリアに在住経験もあり。

GOLFと音楽と食べ歩きと東京
そして ハワイも大好き☆
どうぞ 宜しくお願いします。。

Mangoへのお問い合わせご質問
などお気軽にこちらへ~

hnlmangoo@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Daiary (110)
ハワイ情報 (136)
Golf (102)
Sports (14)
Restaurant (99)
B級グルメ (96)
Mangoのお気に入り (1)
Music (30)
Movie (14)
Beauty & Nail (24)
おうちごはん (20)
お酒 (9)
Shopping (42)
ネイバーアイランド (20)
アメリカのスーパー (21)
JAPAN 2013 (5)
JAPAN2014 (1)
JAPAN 2011 (10)
JAPAN 2010 (23)
(SF) Daiary (12)
(SF) Restaurant (13)
San franciscoの風景 (3)
(SF) Shopping (5)
未分類 (1)

最新コメント

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

flower-digiclock

decoboko.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

RSSリンクの表示