topimage

2017-10

@Suchmos 「THE KIDS」 - 2017.02.21 Tue

Aloha~

今日は風の強いオアフ島でした!
ゴルフの練習に行ったんだけど・・ちょっと寒かった。笑

すいません、今日はハワイネタではなくて音楽ネタです。

久しぶりに事前予約して買ったアルバム Suchmos 「THE KIDS」 (初回限定盤 CD+DVD)

IMG_0544_201702221812382f1.jpg


DVDはライブ盤という事なのでどうしてもDVD付きのが欲しかったので予約しちゃいました。
案の定、販売当日には完売だったので良かった


日本のアーティストですもの。
もちろんこちらでは売ってないので家族にお願いして送ってもらいましたよ~。

Suchmosっていうバンドを知ることになったのは、このコマーシャル
ホンダのVEZELっていうハイブリッド車のCM



早朝の都会・・・
そう 晴海通りを皇居方面から来て、銀座4丁目の交差点和光の前を日本橋方面に左折するあのCM

Tokyo Friday Night~って歌っているので日本のアーティストだと思うけど?なんて思いながら
特に調べるでもなく最初は聴き流していたんだけれど、そのCMがCOOLで音が耳に残るもんだから
ある日たまらずネットで調べてPV見たら やっぱりかっこいいじゃーん。・・となったわけです。

いやー
Mango的に久しぶりに見つけたナイスなバンドでした。

どんなバンドか簡単に説明すると・・

2013年1月結成。音楽性はROCK、JAZZ、HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされてる感じ。
メンバー全員神奈川育ち。
Vo.YONCEは湘南・茅ヶ崎生まれ、レペゼン茅ヶ崎。都内ライブハウス、神奈川・湘南のイベントを中心に活動。
バンド名の由来はスキャットのパイオニア、ルイ・アームストロングの愛称サッチモからパイオニアとなるべく引用

ルイアームストロングから取ってバンド名を付けるところがあたりがイイよね~

アシッドジャズやヒップホップなどのブラックミュージックなサウンドと言われてるけど、
楽曲を聴くと様々な音楽に影響を受けているのが分かります。
さらに達郎や、オリジナルラブや・・・ 彼らの音を聞いているともう本当に色々浮かんでくる。
曲によっては HIP HOP 方向でもあるし、私の好きなブラックミュージックの要素も感じる。
どこまでも温度の低いオトナなサウンドの感じはAORっぽくもあるし。
メンバーのバックボーン(今までどんな音楽を聞いていたか)が垣間見れます。

STAY TUNE



このPV映像を見てもらえば、彼らの音楽が どういう種類のものであるかほぼほぼお分かりいただけます。

ルックスも一瞬「渋谷系」に見えるんだけど 雰囲気・・・空気感なんかが非常にイマドキっぽく
そこはかとないインテリジェンスも感じる。


是非アルバム通して聞いて頂きたいのですが、まずグルーブ感がイイ。
グルーヴィに動くベースライン、キレのいいドラム・・・YONCEのボーカルにギターやシンセの音選び、
エレキピアノの流れ方・・・リズム隊が凄く良くて、最高なバランス感よ。。 
サビで大きく盛り上がるわけでもなくノリノリの速い曲でもなく、だた自然と体を揺らしたくなる、
さざ波に揺られるようなヨコ揺れの曲は、今の邦楽ロックシーンではかなり新鮮で、
その感覚に中毒性を覚える人は多いのではないかと思われます。



MINT




ソウルフルなスローテンポに、何とも言えないユラユラした浮遊感。
ワンカット、ワンカットが絵になる。PV
渋谷駅前が出てきたり、首都高の東京湾の風景や環七通りの車窓、ヨンスの実家付近
なのであろう茅ヶ崎の街や海辺も出てくる。
「調子はどうだい?兄弟。徘徊しないかい?」
・・・のフレーズがクセになる。

久しぶりにAKBやジャニーズ、三代目に汚染されてた邦楽界でまともに音楽をやるグループが現れたね。
それから・・・彼らもカッコいいけど、彼らをカッコいい!と思う若者が多いとう事が嬉しい!
売れてる曲だけ拾い食いするんじゃなくて、1枚のアルバムを頭から最後までトータル的にじっくり聴いたり
してほしいんだけどな。この時代に音楽で勝負して売れてるバンドなので応援したくなるMangoです


最後までお付き合いいただきありがとうございました!
応援もどうぞよろしくお願いいたします☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Stevie Wonder @ HappyBirthday - 2017.01.16 Mon

今日、アメリカは1月16日、マルティンルーサーキング牧師の誕生日
実はMangoが毎年来るこの日に必ず思い出すのが Stevie Wonder@HappyBirthday

Stevie Wonder(スティービーワンダー)は世界的に有名なソウル、R&Bのアーティスト。

彼自身の作品も名曲ぞろいですが、様々な有名アーティストとコラボしたり、CM曲なども多く担当してる
のである程度の年齢の方はみなさんご存知ですね。

スティービーワンダーがレゲエに目覚め、自らのアイデンティティを強く主張し、
マルティンルーサーキング牧師の誕生日を祭日にと唱えた、曲こそが 「Hotter Than July」
という大ヒットアルバムに収録されている「HappyBirthday」

DSCN8602.jpg


「HappyBirthday」 はテレビのBGMで良くかかっているし、DISCO(古いね)や、クラブでも
かかる曲なので誰もが一度は聞いたことのある曲でしょう。実はこの曲はバースデーソングではなく
キング牧師(黒人の公民権運動の指導者であり、志半ばで暗殺された)に捧げられたもの。
その歌詞は、ただ単に誕生日おめでとう的なものではなく、そのキング牧師に敬意を払うとともに
キング牧師の誕生日を国民の休日にしよう!と歌っているのです。
そのお陰で本当にアメリカでは彼の誕生日(1月15日)に近い毎年1月第3月曜日は祭日になったのです!

それってちょっと凄くないですか?
1人のアーティストが歌ったその1曲で祝日になっちゃうんですよ!

THANKS☆彡 スティービー

このHotter Than Julyというアルバムは、これまでの作品とちょっとイメージが違い、
洗練された完成度の高いポップスミュージックがメインとになっています。
このアルバムからスティービーの方向性がちょっと変わってきたアルバムですね。
2曲目の「All I Do」はコーラスにマイケルジャクソンが参加していますし、
ラストの「Lately」は美しく切ない曲で、彼のバラードの代表曲と言えるのではないでしょうか。

他にもね・・・スティービーの曲で好きな曲は沢山ありますよ~

「Happier Than The Morning Sun」
「朝のおひさまより幸せ」なんて、それだけで素敵ですよね。
朝起きて、好きな人のことを思って幸せに浸って欲しい1曲。軽やかで可愛いメロディ。

そして・・・

「OVERJOYED」
切々と歌い上げるラブソング。好きな人に「どんなに想っているのか」を伝えられそうな、朝でも夜でも、
まどろみながら聴きたい1曲。

他にもいろいろあるけどね。
今日は暇にかまけてアルバムを引っ張り出してしばらくスティービーに浸っていようと思う


最後までお付き合いいただきありがとうございました!
応援もよろしくお願いします☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

Bruno Mars - 2014.05.10 Sat

アロハ

今日は少し蒸し暑かったワイキキです~

ここのところずっとご無沙汰していた音楽ネタ。
書きたくて・・・ケド書けなくてちょっと放置してました。

3週間ほど前に、 Bruno Mars のライブに行って来ました。
場所は @NBCホール

ラッキーなコトにチケットが手に入ったので漏れることなくライブへGO!

まずは Bruno Marsってどんなアーティストかと申しますと・・

ハワイ州ホノルル出身で 2011年のシングル世界売上1位2位を独占しグラミー賞2年連続
6部門ノミネートを果たした 、和み系の美メロと爽やかな美声で世界的に大ブレイクを
果たした彼は今や「ポップ・ミュージック界のブライテスト・スター」として不動の地位
を確立しつつある、まさに「今が旬」のアーティスト。


bruno-mars-600x450.jpg

写真だけ見れば ヤンキー・マンガの登場人物 みたいな感じでしょ?
そして 今、なぜこのヘアースタイル?みたいな。笑


最初にブレイクしたのは2010年でした。

そんな彼のアルバムに関して言うなら、ソウル(R&B)ブルース,レゲエ,ロックと多彩
ながらも素直に分かりやすくバラエティーに飛んでるアルバムだと思いました。

P1060947.jpg
1stと2ndアルバム

製作側の意図なのか、10曲収録で合計35分くらいの構成。
耳あたりは良く聴きやすいんですけど、その反面、今時の洋楽アルバム全般と比較する
と何となく物足りなさを感じるのも否めません。

楽曲もわりと平凡かな。特に新しさを感じないからそんな感想になってしまうのだけど
80年代の懐かしい雰囲気がある・・・と言うより、「あ、コレあの曲に似てるな…」と
具体的な元ネタが脳裏をよぎるレベルで、お世辞にも「新たな名曲に出会った」という
感動はありませんでした。

そんな感じでサウンドは80年代の代表的なアーティストからの影響をもろに感じるわけ
ですがおそらく狙いもココにあるのかもしれませんね。

JOURNEYの「Who's Crying Now」やTOTOの「99」に通じるモノがあると思うので
この辺りが好みの大人の方にオススメです。

私は 2ndの Unorthodox Jukebox に収録されている
80年代に流行っていたようなブラコンタッチの「Treasure」と
ピアノ一本で切々と歌われるバラード「When I Was Your Man」がお気に入り


で、肝心のライブ。

私としてはアルバムを聴いた印象だけを持って出掛けたわけですが
NBCホールで行われたライブは、彼の地元であるハワイでのライブですから、
チケットも販売数分でソールドアウト!だった様子。

しかし、ライブはとっても良かった!

まず、力を入れた際の高音の出方がセクシーだし、彼の場合踏ん張り方が強いので
もの凄くエモーショナルに響くんですね。女性の心をつかんぢゃうのが分かる感じ?笑
黒人のようなアクの強さはなくてでも白人のリズム感とは明らかに違う・・・。
(決して偏見差別ではないですよ)

ソウルバンドのように全員が演奏をしながら踊るんだけど みんなハッピーでとっても
楽しそう。ジャクソン5風だったり、80年代風、歌い上げるバラード、一緒に歌おう賛歌
ノリのいいリズム。ポップスの美味しい所だけを取りだした王道のポップス歌謡ショー
なんだけど楽しいんですよ。

ライブは楽しいのが1番。エンターテイメントとはそもそもそういうものだなと実感。

今までNBCホールで観たどのライブよりオーディエンスがノリノリで凄かった!
日本でもライブが行われたようですが日本での人気はどんな感じなのでしょうか?

声をかけてくれた友達に大感謝でございました

最後までおつきあい戴き有難うございました!
1日1度の応援もどうぞ宜しくお願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

I'm not in love - 2014.02.05 Wed

ALOHA

私たちの仕事は 朝早い出勤が余儀なくされることがあります。

自分の担当する仕事によってね。

基本、私は朝早いのがニガテ(ゴルフの時は別)なのだけど、そんな日こそ気分を
あげなきゃなわけです。そんなMangoの朝焼けソングはコレ!

I'm not in love @ 10CC



この曲、もう何年聞き続けているでしょうか。笑

現在のようにデジタル技術というのが全くない時代にアナログの多重録音を技術を
駆使し独特の音楽空間を作り上げているこの曲。
皆さんも絶対聞いたことがあるハズです!

曲名はベタだけどそのサウンドは今聴いても新鮮で心地良くて凄いなぁと思う。
私もこの曲をリアルタイムで聞いてなかったですが、40年前の曲。

アコギとローズピアノとオルガン、ドラム、ベースのシンプルな構成でこの音と空間を
作り出していることは個人的にはノーベル賞モノだと思う。

ナンと言っても凄いのは、イントロ。
ふうわぁ~っていうのは人の声なんですよ。

16トラックに、和音を重ねてループ録音してたって。
今の「ループ音源」の原型なんですよね~。


こんな感じがハワイの朝焼けに、いや日本の都会の朝焼けにもドンピシャリ


そうえば、10CCで思い出すのが、今から20数年前?関東だと当時東京12chで
夜11時前後に放送していた「日立サウンドブレイク」という不思議な番組。

映像と共に音楽が(週替わりで)流れるだけの(確か)10分間。
音楽に合わせてプロモーションビデオではない曲入りのカラオケ映像みたい?なのを
流すのですが、まったくのランダムで「クリストファークロス」が掛かったと思ったら
次の週は「矢沢永吉」という、作る側の「ただの趣味」としか思えないセレクション。

ただし映像は当時気鋭のクリエータのものでこれがまた渋い・・とにかくヨカッタ。

この中の10ccの 「I'm not in love」は今でも覚えてる。
そして、こうしていてもあんな曲もあったこんな曲も・・と思い出します。

あんな番組、もうできないとは思うけどねー。
たった10分のためにチャンネル変えさせる番組なんてそうないと思う。

懐かしいな

それにしても、古いよ、ワタシ。笑


最後までおつきあい戴き有難うございました!
1日1度の応援もどうぞ宜しくお願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

ジェイク &フレンズ コンサート  - 2013.12.01 Sun

昨晩、お友達に誘われて NBCホールで行われた
 
第2回 ジェイク シマブクロ&フレンズ コンサート

に行って来ました。。

J-2013-10.jpg

ジェイクと言えば ハワイの日系5世でウクレレの概念を変えるダイナミックな演奏で
人気を集めているウクレレ奏者。

20100920-1284973892.jpg

日本でもその名は通っていると思いますが、昨日のライブは 今となっては1年の半年
以上をアメリカ本土、日本、オーストラリアなど世界各地のツアーに費やしているジェイクが
「年に一度は地元ハワイで、僕がリスペクトするミュージシャン仲間と一緒に演奏したい」
という強い思いからスタートしたのがこの「フレンズ コンサート」

「現代のウクレレ・ヒーロー」とか「ハワイアン・ミュージックの歴史を変えた」
その奏法から そんな風に称される彼ですが、奏でる音は彼の人間性をよく表していて
ライヴではそのテクニックに圧倒されるわけですが、ジェイクの音を聴くと
最後は必ずハッピーなやさしい気持ちになるんですね。

彼の創る音は 本当に優しくて
シンプルで多彩で透き通ったハワイの蒼い海のような・・そんな音。

ウクレレの音はよく「人を幸せにする」とか「癒しと平和を象徴する」などと形容
されてるけど、それはそのままジェイクという人を表す言葉だと思います。

それはまずジェイク自身が幸せなオーラを発している人であり、
常に優しくあろうとしている人だからだと思わずにいられません。

素顔の彼はホントにナイスガイ。。
去年1児のパパとなりました。


20時に開演して22時半に終わるまでたっぷり2時間半。
仕事が終わって駆けつけたライブだったけど、疲れが一気に飛んでった夜でした

最後までおつきあい戴き有難うございました!
1日1度の応援もどうぞ宜しくお願い致します。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking





Misiaのライブに行ってきたよ~ - 2013.07.09 Tue

Aloha!

お天気が良かったワイキキです

昨晩、 Neal S Blaisdell Concert Hall で行われた@Misiaのライブに
行って来ました~

misia.jpg


ハワイでこうしてライブを観るのは、ジャーニーを観たのが最後だったので
もう随分経つわぁ。。

Neal S Blaisdell Center には、他にもイベントが行われてるホールがある
のですが、こちらのホールはキャパも2000名ちょっとなので、東京で言うところの
中野サンプラザホールと同じくらいのキャパの会場となります。


今や日本ではMisiaのチケットって取りづらい方に入ると思うので、この位のキャパシティ
のホールでライブをやることってなかなか無いのではないでしょうか?
でもないのかしら?

チケットを手にするコトができたので行ってきましたよ~。

ちなみにチケットは正当なルートでお買い上げになったなら @$50

この距離でMisiaを見れることを考えたらこれもオトクなのかな?

それにしても、こんなに日本人が一気に集まるのも珍しくないの?的な
雰囲気でしたよ!日本人がいっぱい。笑


私も何枚かMisiaのアルバムを何枚か持っているので、殆どが知っている曲でしたが
予想通り歌がとってもお上手でした。

レコーディングした(アルバム)の歌はイイけど(上手だけど)、ライブの歌を聴くと
「ちょっと違うだろ?」って感じるアーティストも多い中、そんなコトは微塵も感じ
させない少ないアーティストの1人。そして迫力は満点。

彼女の声は独特。ゴスペルからJBからフュージョンまでをも歌いこなす歌唱力に加え、
不思議と「和」を感じる伸びやかな声が大きな魅力。

そして歌はパワフルなんだけど、話し方やその時の声はとっても可愛いのね。
(これまたルックスとイメージが違う。)
おそらくそこのところのギャップがファンにはたまらないのかな?

ステージ自体は、何一つ仕掛けのないシンプルな構成。
元々、ホール自体がダメなのか?PAがダメなのか?イマイチ分からないのですが
音響が良くなかったのがとても残念。ホント、音はダメでした。

最後にMisiaが紹介したメンバーの名前なんて全然聞き取れませんでしたもの。

が・・・しかし、ドラムは何故かツインドラムだったのですが、その1人が「青山純」
で、びっくり!(そこだけ聞き取れた!笑)

ご存知、達郎バンドのドラマーとして活躍していた時期が長かったですが
スタジオミュージシャンとして様々なミュージシャンと共演されてる、
テクには定評がある方でございます。

そして、ゲストは何故か?「電撃ネットワーク」が出てきて、7月7日がBDだった
(ハワイ時間で昨日)Misiaのライブを盛り上げ?お祝い?するのに出演してました。

ダンナ小柳・・・・・久々に見ちゃいましたね。笑

ここにいた殆どの方が、Misiaの歌声とコーラスの方の歌声に酔いしれ
満足してお帰りになったのではないでしょうか。

ドラマの挿入歌や、紅白歌合戦で歌った曲など、殆ど聞き覚えのある曲が
多かったですが、個人的には「BELIEVE」、歌詞の可愛い「キスして抱きしめて」
が聞きたかったな。

最後までおつきあい戴き有難うございました!
1日1度の応援もどうぞ宜しくお願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

Just Once @ James Ingram - 2013.02.25 Mon

ALOHA~

只今、ホノルル時間で、25日午後11時55分。

明日から久々の2連休~
今週はOFFが2日あるぞー
しかしOFFの日はやらねばならないミッションもたくさんあるのだー

・・・・・というワケで、今宵はお酒を片手に久々に音楽ネタ。
ホントはとっても書きたいネタの1つだけど、ハワイとは一切関係ない記事でごめんなさい!


毎朝 職場まで・・・

お陰様で通勤地獄に悩まされることもなく徒歩通勤しているMangoですが、
嵐のように始まる仕事の前に音楽を聴きながら寝ぼけた頭の中をフラットにしていきます。
(ココ、大事。笑)

そして、仕事が終わった後、足取りの速さは朝の半分でゆっくり(いや、ボーッとして)
歩きながら、これまた音楽を聴きながら頭の中をできるだけクリアにして
(今日あった嫌なコトことを忘れて)帰るのが日課。

好きな音やアーティストはいるけれど、やはりその時のお天気、風の香りや・・・
もちろん気分によって聞きたいサウンドは違うわけですが、
仕事帰りはやっぱりちょっとテンションも上がり過ぎないメロウな感じを好んでしまいます。

そんな時にイイのがコレ。
決して朝ではなく仕事帰りにチョイスするアルバムです。

Greatest Hits Power of Great Music @ James Ingram(ジェイムスイングラム)


P103049355.jpg


Quincy Jonesの秘蔵っ子と言われていた実力派シンガーこそが
ジェイムスイングラム。

今ではこんな風情になってしまいました。

16684-James+Ingram.jpg


そもそもQuincy Jones(クインシージョーンズ)って、ソウル、ジャズ、ファンクなどの
音楽のエッセンスを最もポップに展開することに成功したプロデューサーで
ブラックミュージック界の大御所の一人。
マイケル・ジャクソンの「Off The Wall」や、「Theriller」なども大ヒットさせた
プロデューサーとしても有名。

話は横道にそれてしまいましたが、そんなクインシーがパワフルな歌唱力に惚れこんだ逸材
であり、存在は地味目だけどブラコンを代表するヴォ-カリストこそがジェイムスイングラム。
その昔「We Are The World」(USA For Africa 1985)にシンガーとして参加し、
エンディングでは、あのRay Charles と掛け合いしてたヒト。

個人的にもブラコンシンガーの中でも彼の歌声は少々太くワイルドなところが魅力で
Mango的には心地いいの~


このアルバムはジェイムスイングラムのベスト版なのですが、巻き送る・・いや飛ばす
曲がなくこの一枚でジェイムズイングラムを堪能出来ること間違いなし。

ブラコンチャートのみならずPOPチャートでのヒット曲も多く、Linda Ronstadtや
Patti AustinそれからMichael McDonaldとの共演曲も収録されています。

その中でも この曲は心に染み入る思い出の1曲 

@Just Once




この曲は私にとっての黄昏ソング。
そしてブラコンバラードの中でベスト3に入る曲で、先程お話したクインシーのアルバム
「The Dude」にも収録されています。

歌詞の内容は、別れを回避しようと悪あがきしている男が主人公という、
ありがちな内容なんですけどね。
そこは横に置いてメロディ・・特にイントロがイイ。
そもそも・・・クインシーの作る曲のイントロっていいのよ。

ゴルフ(運動)無しの人生も考えられないけど、
音楽が無い人生はもしかしたらそれ以上に絶対に考えれられないかも。

お酒が入り、好きな話をしていると 話はどんどん横道にそれて更にしつこくなってきそう
なので今宵はこのへんで。。。
OFFの前の晩は心置きなく酔えるから嬉しいよ。


最後までおつきあい戴き有難うございました!
応援もどうぞ宜しくお願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

「The Nightfly」 @ Donald Fagen - 2012.06.25 Mon

今朝のワイキキも良いお天気デス

お友達のブログを読んでいて思い出したアルバム

・・・・というワケで、今日は The Nightfly @ Donald Fagen

P1010749-12.jpg



ジャズのエッセンスを取り入れたモダンなセンスを持つ
アメリカンロックを代表するバンド、ロック・バンドスティーリー・ダン。

その中心メンバーだったドナルド・フェイゲンが、バンド解散後の82年に発表した
初のソロアルバムです。

これまたそんな昔のアルバムの話ですか?って 言われちゃいそうですが。。

恐ろしく完成度の高い音楽を聴かせる80年代前半の大ヒットアルバムであり
ジャズ、ソウル、R&Bなどの多彩な音楽要素をフィーチャーしたそのサウンドは
今聴いてもまさにタイムレス!で 素・晴・ら・し・い☆

1曲目の「I.G.Y.」という曲は、コマーシャルや挿入歌によく使われていた曲なので
ご存知の方も多いハズ!





当時、私にとってこのレコジャケは渋すぎで、しかし手に取った瞬間
「どんな音楽やってんだろ?」と想像力をかきたてられたわけですが
期待を裏切ることはなく、夜のドライブには欠かせない1枚となりましたし
必ずといっていいほど「このアルバムいいね」と言われる1枚でした。


それだけ普遍的な魅力を今も持っているアルバムなんですね~

そして当時としてはめずらしいデジタル録音で、とても四半世紀前の作品とは
思えないし、そのサウンドも今聴いても全く古さを感じさせません。

ココのところ音楽を聴きながら歩いて通勤してるのでライブラリーを増やしてるトコ。
早速このアルバムも入れこみました
(いいアルバムは沢山あるんだけど記憶力が低下しているので思い出せないのよ。苦笑)

最後までおつきあい戴き有難うございました!
応援の方もどうぞ宜しくお願いします☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

14年ぶり! Van Halen のNew Album - 2012.05.25 Fri

アロハ~
1日青空だったワイキキです

すいません~
今日は久しぶりの、実はもっと書きたい音楽ネタです。笑

ヴァン・ヘイレンとしては14年ぶり
そして、オリジナルシンガーのデヴィッド・リー・ロスが本格復帰してからは
実に28年ぶりのニューアルバムが遂に出たというコトで・・

 A Different Kind of Truth @ Van Halen

P1010569-111.jpg


Mango的には ヴァンヘイレンといえば、ファーストアルバム!なんですが、
ハワイに来ないかな~的な?ライブを待っているアーティストのヴァンヘイレン。

あまりにも長い期間出なかったアルバムですし、ようやくメンバー的にも音楽的にも
満足いくアルバムが出来たのだろうと期待大だったのですが。

まず感じたことは、思った以上のハードさに笑ってしまうほどで
ココまで徹底してハードに攻め立てくるなんて~と予想外でした。

1970年代を意識してるのはわかるんですケド・・・
ギターの音もメロディーもいまひとつで、シングルヒット向きの曲も無し。

ギタープレイも、曲調も・・昔の曲の焼き直しみたいな?

ヴァンヘイレン命みたいな熱狂ファンの方にはいいのかもですが、個人的には
彼らには新鮮味のある時代を通した新しいアプローチをし続けて欲しいと
思ってしまいました。


北米ツアーも始まったようなので、もしかしてハワイにも寄ってくれるかな?
なんていうのを期待して、CDもGET!したわけなんですケドね。

つい最近、7月以降に予定されていた 30以上の公演を延期が発表されました。

延期の理由および日程は明らかにされていませんが、ツアー関係者からの情報として
「メンバー同士の確執のためらしい」とのこと。

ま、色々あるケド、このアルバムのツアーならば行かなくてもイイかな?なんて
思ってしまったMangoでございました。


ちょっとばかり本音で話をしてしまった今日ですが・・
ついでにもう1つ。


日本に帰れば、街を歩いていてもTVを見ていても日本の音楽が耳に入るわけですが
最近の日本=音楽ってどうなんでしょう?

基本、音楽もたとえば どんな「音」をヨシとするかは人それぞれなので
人様の音楽に対する趣味嗜好についてとやかくいう気は本当に全くないし
何を良しとするかは、人それぞれでいいものだと思っています。

色々選べるから。。。音楽は楽しい!・・ワケなので。

イイものについてはそれなりにイイ方向へ「進化」し続けてると思うのですが
その一方で、今の日本はヌルい作品が飛躍的に増えてるような気がするんです。

友達との携帯メールでのやりとりみたいな詞。
「・・・で?」といいたくなるようなテーマ。
どんな音楽を聴いてきてこれからどうしたいのか、バックグラウンドが全く読めない
アーティスト達。


そして何年か経ったら絶対残らない音楽がそこにあるわけですが、
それらがまた、何故かヒットチャートを平気で席捲してしまうという現状。

ヌルい。アマい。全部ひっくるめてかったるい。
発信する側、受信する側、双方共にナメられあっていると感じてしまうのです。

どこの国の人が出てきてもイイと思うし、その辺の子供を集めてひとくくりにして
歌わせたって良いんですが本質からズレ過ぎるのはちょっと。。

私の耳も老化の一途をたどっているのかもしれませんので、ソレをプラスして
考えていも イケテルとは思えない。


作ったCDが売れないのは インターネット上で著作権者の了解なしに配信されている音楽
(映像も含む)「海賊版」によるものらしいですが、売れてるCDの売り方も最悪です。
(そんなCDばかりではありませんけど!)

「そのお菓子が食べたいのではなく付いてるおまけがほしいから」みたいな
何で同じCDを何枚も持ってるわけ?そんな売り方して満足?

まぁ、売れてなんぼだからね。売れなきゃ食えないからね。
と言ってしまえばソコで終っちゃうのかもですが、なんかちょっと寂しいなぁって。


でも・・

あまりにも幼稚なものが「世間でウケるもの」として多くを占めるようになってくると
「本当に良質な日本の音楽の真心」みたいなものが廃れていくような気がして
ちょっと、勝手に、個人的にツラいなぁ~と胸が痛むわけです。

どこに住んでいたって 死ぬ前に聞きたいな・・・と思う音楽って
やっぱり「日本の音」だと思うから

ヴァン・ヘイレンから・・・話はソレてしまいましたが(汗)
最後までお読み頂き有難うございました。
今日も応援を宜しくお願い致します☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

Whitney Houston - 2012.02.12 Sun

ALOHA!

CNNを見ていたら流れてきたニュース・・。

USの人気歌手 Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)さんが11日までに
死去したことが分かったそう。(享年48歳)
カリフォルニア州のホテル「ビバリーヒルトン」で同日遺体が発見されたとのこと。

何年か前にはWhitneyが薬物で大変なコトになっているという噂を聞きました。
そしてつい最近、自己破産するとかしないとか・・っていうのもニュースで
見てましたがまさかそこまで~!ってびっくりしましたよ~


というワケで、ホイットニー(正しくは ウィッニィ)のアルバムを聴きながらこうして
ブログをUPしております!


00000200-w.jpg


Whitney Houstonと言えば80年代、90年代を代表する世界的歌手であり
モデルからシンガー兼女優に転向して成功を収めた大スター。

当時は日本でも人気が高かったですから、その時代に「青春」を過ごされた方は
必ず聴き覚えがあるハズ。

映画「BODY GUARD」のサントラからの「I WILL ALWAYS LOVE YOU」が記録破りなヒット
になってから彼女の知名度も一気に上がりました。

Whitney と言って、Mangoが忘れられないのは・・・

当時結婚していたボビーブラウンと日本に来日中に、首都高を走るタクシーの中で
大喧嘩をして数千万円の婚約指輪を窓から投げ捨てたってハナシ。

これにはびっくり。

数千万の指輪を車の窓から捨てるって・・・有り得ない。・・・でもね
その後指輪がどうなったかって気になって仕方がなかった~(笑)


1985年のデビューなんですが思えばそんなに沢山のアルバムを出してないんですよね。

先程お話したように「 will always love you」が記録破りなヒットとなった
わけですが、Mango的にはホイットニーヒューストンのベストはデビューアルバム
邦題は「そよ風のおくりもの」


DSCF1678.jpg

左手前(CD)と右手前(レコード)は同じファーストアルバムで
これは、US盤のジャケットなのですが・・・
アルバムの表は「ガンジー風」 そして 裏は、バツグンのスタイルで「仁王立ち」

やっぱりコレでしょう!
捨て曲なしのズバリ!完成度の高い作品。よくこれだけのスタッフが集まりました!
今聴いても全然古くないどころか今発売されても大ヒットするでしょうねぇ。
「GREATEST LOVE OF ALL」「ALL AT ONCE」など名曲揃い。

その中でも私はこの曲がスキ 「SAVING ALL MY LOVE FOR YOU」




そして・・・
Mジャクソンの兄であるジャーメインジャクソンとのデュエット
「TAKE GOOD CARE OF MY HEART」は80年代カラオケデュエット名曲
「ロンリー・チャップリン」とそっくりだったりして。
(もちろんホイットニーの方が先)


それにしても・・・
薬物で体を壊して、76億を使い果たして破産しこんな結末を迎えるなんて。


歌唱力は物凄くあるのだから、オリジナルアルバムでは売上が上がらなくなった
歌手のように 人の歌を唄ってカバーアルバムで 再起するとか・・・

セリーヌディオンのようにラスベガスのショーで唄うとか・・

何か方法はなかったのでしょうか?

もうあの歌声を生で聴けることはないのですね。
とっても残念な死を迎えてしまった Whitney に合掌


最後までおつきあい戴き有難うございました。
応援もどうぞ宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Mango

Author:Mango
結婚を機にハワイ生活14年。
SFベイエリアに在住経験もあり。

GOLFと音楽と食べ歩きと東京
そして ハワイも大好き☆
どうぞ 宜しくお願いします。。

Mangoへのお問い合わせご質問
などお気軽にこちらへ~

hnlmangoo@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Daiary (110)
ハワイ情報 (138)
Golf (104)
Sports (14)
Restaurant (102)
B級グルメ (97)
Mangoのお気に入り (2)
Music (30)
Movie (14)
Beauty & Nail (24)
おうちごはん (20)
お酒 (9)
Shopping (42)
ネイバーアイランド (20)
アメリカのスーパー (21)
JAPAN 2013 (5)
JAPAN2014 (1)
JAPAN 2011 (10)
JAPAN 2010 (23)
(SF) Daiary (12)
(SF) Restaurant (13)
San franciscoの風景 (3)
(SF) Shopping (5)
未分類 (1)

最新コメント

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

flower-digiclock

decoboko.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

RSSリンクの表示